彼女なしの独身フリーター木村は、今日もバイトを終えてアパートのドアを開けた…。


優しく待っていてくれたのは、木村がいちばん好きな鈴木さんと言う名の電動玩具!?


木村のお尻とスズキさんの相性は抜群で中に入れば、必ずエクスタシー状態になれる!


けれども、射精した後にやってくる虚しさと淋しさ…そんなある日、アイツが現れた!